母国料理で留学生と住民交流 静岡英和学院大でフェア

韓国人の留学生は「母国ではチヂミを料理するときの油の音が雨音に似ていることから、『雨の日の料理』とされる」と話した。ネパールからの留学生は「ふるさとには六つの季節があり、それぞれ観光を楽しめる」などと紹介した。 このほか留学生たちはスリランカやネパールの伝統舞踊を披露、地元の子供たちが剣道の演武を ...
\\!>

コメントは受け付けていません。