cont_h2_01

スリランカは紀元前5世紀に建国され2500年以上の歴史をもつ由緒ある国である。19世紀にイギリスの植民地となるが、1948年にセイロンとして独立した。

西暦 時代 出来事
B.C483 アヌラーダプラ時代 ヴィジャヤ王の従者である、アヌダラが北インドからスリランカに移住
ヴィジャヤ王が、初代シンハラ王朝の王になる
> アヌラーダプラ
380~ パンドゥカーバヤ王により、首都アヌラーダプラ建設
計画的な都市が整備される
> パンドゥカーバヤ王
250~ インドより菩提樹がスリランカに分け枝が届く
インドから伝えられた仏教が、スリランカで広まる
> デーワナンピヤ・ティッサ王
210~161 南インド人がアヌラーダプラを征服
161~137 ドゥッタガーマニー王が南インド系の征服者を追放し、王位を奪還
スリランカ全域を初めて統一し、支配体制を確立
> ドゥッタガーマニー王
103~89 南インド人が再び、アヌラーダプラを征服
この時のシンハラ王朝の王は、ワラガムバーフ王
> ワラガムバーフ王
89~77 ワラガムバーフ王がアヌラーダプラを奪回
この後、アヌラーダプラをタミル人とシンハラ王朝の奪い合いが続く
A.D
276~301 マナーセナ王が、タミル人よりアヌラーダプラを奪回
16の灌漑貯水池を建設
> マナーセナ王
473 シーギリヤ ライオン岩建設
> シーギリヤ
1070 ポロンナルワ時代 シンハラ王朝は南インドのチョーラ王朝より、アヌラーダプラを追われる
ウィジャヤバーフ王がポロンナルワにシンハラ王朝の首都を移転
> ウィジャヤバーフ1世王
1153~86 パラークラマ・バーフ王の時代に絶頂期を迎える
スリランカ全域を統一
> パラークラマ・バーフ1世王
1287~93 チョーラ王朝、マレー人からの攻撃などにより、シンハラ王朝はポロンナルワを追い出される
> ポロンナルワの衰退
1200~300頃 スリランカ北部のジャフナに、タミル人のジャフナ帝国が建国
1300頃 マルコ・ポーロがスリランカを訪れる
1500頃 キャンディ時代 キャンディがキャンディ王朝の首都となる
> キャンディの歴史
1505 (ポルトガル植民地時代) ポルトガル人による植民地支配開始
1521 ポルトガルにより、コッテ王国は分裂される
1546 ポルトガルとコッテ王国は、キャンディ王朝の侵略を試みるが、失敗する
1571~82 ポルトガルがゴールに城塞を築く
> ゴールの歴史
1590 仏歯がキャンディに移される
> 仏歯寺(ダラダ・マーリガーワ)
1591 ポルトガルがジャフナ王国に進軍
1594 ポルトガルがキャンディ王朝の侵略を試みる
1595~96 オランダ船が、アジア海域に出没
1597 正統な王権は、キャンディ王朝に
1619 ポルトガルがジャフナ王国(タミル人)を壊滅させる
1623 ポルトガルがキャンディ王朝よりトリンコマリを奪取
1638 オランダが、トリンコマリとバッティカロアをポルトガルより奪取し、キャンディ王朝に返還
1640 オランダがポルトガルからゴールとニゴンボを奪取
> ゴールの歴史
1645~50 オランダとポルトガルが和平
1656 オランダがポルトガルよりコロンボを奪取
1658 オランダとキャンディ王朝が手を組み、ポルトガルを追放
1658 (オランダ植民地時代) オランダ植民地時代が開始
キリスト教の普及とともに、仏教も保護
オランダはキャンディ王朝を承認
1665 オランダがキャンディより、トリンコマリを奪取
1668 オランダがキャンディより、バッティカロアを奪取
1670~75 貿易対立が起こり、キャンディ王朝は、オランダ支配地域を攻撃
1675年に、休戦協定が結ばれる
1722 オランダが、スリランカ国内でコーヒー栽培を開始
1762 イギリス使者が、キャンディの宮殿を訪問
1775 ペラヘラ祭に仏歯が加わる
> キャンディ・エサラ・ペラヘラ祭
1796 (イギリス植民地時代) イギリス植民地時代開始
1803 イギリスとキャンディの関係が悪化
1815 キャンディ王朝内の内紛に乗じ、イギリスがキャンディ王朝を滅ぼす
キャンディは、イギリス植民地支配により300年以上に渡る歴史に幕を落とす
> キャンディの歴史
1823 ~イギリス植民地時代 大規模なコーヒー・プランテーションの設立
1827 コーヒー豆の初輸出が行われる
1828 コーヒー農園にタミル人が労働者として連れてこられる
1832 最初の政府系新聞「Colombo Journal」が発行される
1833 5つの州が設定される
士法改正が行われる
行政評議会、立法評議会が設置される
1834 最初の独立新聞「Ceylon Obserer」が発行される
1844 奴隷制度の完全撤廃
1845 6つ目の州が設定される
1860 最初のシンハラ語新聞「Lanka Lokaya」が発行される
1864 最初のシンハラ語新聞「Udaya Tarakai」が発行される
1869 害虫大発生により、コーヒー農園が壊滅
コーヒー農園の跡地に、紅茶畑を作る
1870 初めての紅茶の輸出を行う
1872 ルピーとセントが導入
1873 仏教徒とキリスト教徒間で、協議論争が勃発
1885 シンハラ歴とタミル歴の正月が4月13日に決定。
1919 シンハラ人政治家とスリランカ・タミル人政治家が平和的独立運動を開始
セイロン国民会議を結成
1931 21歳以上の男女普通選挙制度の開始
第一回国家用議会議員選挙
1935 土地を所有していない農民に、政府所有地を分配
1939 セイロン銀行の設立
1939~45 第二次世界大戦勃発
スリランカ全域が重要な軍事基地となる
何千にもおよぶイギリス・アメリカ人の兵士が配備される
1945 無償教育制度(幼稚園~大学)の導入
1947 ドン・スティーブン・セナナヤケがスリランカ初の首相に就任
1948.2.4 セイロン国として、独立
152年に渡った、イギリス植民地時代に幕を下ろす
1950 エア・ランカが国際線を就航
正式に国旗が制定
1951 正式に国家が制定
1958 スリランカ全域で、シンハラ人とタミル人の関係が悪化
コロンボ港が国営化される
1960 シリマボ・バンダラナイケが世界初の女性首相になる
1961 私立学校がすべて公立になる
セイロン石油公社が設立
セイロン人民銀行が設立
セイロン銀行が国営化される
1966 ポヤ・デーが制定される
1971 国営製薬会社が設立
国営宝石公社が設立
1972 国営映画公社が設立
1975 外国が所有する紅茶やゴムのプランテーションを国有化
1979 民間バス会社が発足
1980 学校教科の無償配布開始
1983 タミル・イーラム解放の虎が本格的に活動開始
2009 スリランカ政府により、タミル・イーラム解放の虎が制圧
2010 大統領選挙
国会議員選挙