スリランカの気候

スリランカは北緯5度から10度に位置し、季節風(モンスーン)の影響が強い高温多湿な熱帯性気候に属しています。気温は年間を通して2~3度の差であまり変化はなく、わりと過ごしやすい気候です。

しかし、地形による気候の差はとても顕著です。
中央高地のヌワラ・エリヤ(海抜1890m)では年間の平均気温は約16℃で、冬には数回降霜し、一年中春のような気候ですが、北東海岸にあるトリンコマリーでは年間の平均最高気温が32℃で、最も暑い季節には38℃にまでなります。

モンスーン

スリランカ全土は熱帯性モンスーン気候に属し、赤道付近から吹きつける南西モンスーンとベンガル湾から吹きつける北東モンスーンの影響で、雨季と乾季があります。

これらのモンスーンによりスリランカの気候は以下の4期に区分されます。

5月~9月 南西モンスーン期

赤道付近から湿気を含んだモンスーンが南西部の海岸地区から高地に雨を降らせます。島の北東部にはほとんど雨をもたらさず、この地域は乾燥した日々が続きます。

10月 インターモンスーン期

無風期間で、低気圧による雨や雷雨が時々あります。

11月~3月 北東モンスーン期

ベンガル湾からのモンスーンが、島の北東部を中心に全島に雨を降らせます。

4月 インターモンスーン期

一年で最も暑い時期です。時々低気圧による雨や海洋風による雷雨があります。

地域別の気候

スリランカの雨季は、日本の梅雨とはかなり違います。雨は降ってもジメジメせず、また雨の降り方にはいくつものパターンがあります。

午後や夕方に急に空が暗くなり、集中的に強い雨が降って乾いた大地を潤し、そして雨が止むとまた空が明るくなり、晴れてきたり。急に何の前触れもなく雨が降って水溜りを残したり。何日も雨が降らなかったと思えばポツポツと長期間に渡って降ったり…。また乾季でも朝・夕には雨が降ることもあります。スリランカの雨は実に「気まぐれ」と言えるでしょう。
以下に地域による気候の違いを簡単にご紹介します。

南西海岸地方

年間を通して湿気を帯びている天候。ベストシーズンは1~3月。4~6月と10~11月が雨季で、特に雨が多いでしょう。

南部中央高地

紅茶畑や森が広がる地域。年間を通して雨量が多く、特に5~7月、10~11月に多いでしょう。ベストシーズンは7~10月。一年中春のような気候で、朝晩は冷え込み、山頂では降霜することもあります。セーターや防寒具を持って行く必要があるでしょう。

南東部・北西部

年間を通して乾燥している地域。特に7月~9月の乾季では草木は枯れてしまうほど乾いています。

北部

遺跡や古い寺院が集まる地域。日中の気温は非常に高く、観光客には厳しい環境です。10月~1月が雨季で、雨が多く降ります。

主な都市の平均最高気温・最低気温と降水量

learn03_ph06 learn03_ph05 learn03_ph04 learn03_ph03 learn03_ph02 learn03_ph01