スリランカの食文化

スリランカの食文化といえば、なんといってもカレーが基本。
もともとスパイスの国として世界的に知られただけあり、その種類は実に豊富で、1日の3度の食事すべてに必ず使われると言ってよいほどです。
日本人が毎日必ずご飯を食べるのと同じように、スリランカの食卓には毎日必ずカレーが出ます。

learn04_ph01

ライス&カレー

ライス&カレーはスリランカの主食です。スリランカ人は世界でもとくに辛い食べ物を好んで食べると言われています。

カレーには肉、魚、野菜などが入ります。スライスした玉ねぎ、青唐辛子、黒コショウ、シナモン、カルダモン、クローブ、ナツメグ、サフランなども、香りづけのために加えられます。

カレーは朝食の人気メニューでしたが、最近ではランチに食べる人が増えています。

お皿の上にはまずライスを盛ります。そして、カレーをほかのお皿から選んで入れます。そして、カレーとライスを混ぜて手で食べます。

ホッパー

ホッパーはパンケーキやマフィンによく似た食べ物です。やわらかく、ふわふわしていて、真ん中が膨らんでいます。ヤシのお酒(アラック)とごま油の味が少しして、中に目玉焼きが入っているものもあります。
カレーや、ジャムと一緒に食べるとおいしいです。

ピッツ

ピッツはスリランカの植民地時代に、マレーシアから伝来した食べ物と言われていますが、現在では一般的な食事の一つとなっています。
お米とおろした生のココナッツを混ぜ、竹に流し込み、蒸して作ります。ピッツはやわらかくてもろい食感で、生のココナッツミルクやカレーと一緒に食べます。

キリバス(ミルクライス)

スリランカの特別な儀式の際には必ずキリバスを食べます。キリバスとは、お米を濃いココナッツミルクで炊いたものです。

トサイ

スリランカの北部と東部に住んでいるタミル人には独自の朝食メニューがあります。
それがトサイ。おいしくて、栄養たっぷりのパーフェクトメニューです。